東大阪市の腰痛・座骨神経痛・ギックリ腰・股関節痛・産後骨盤矯正 専門整体院 【ひなた整体院】

東大阪市で女性信頼度NO.1!の国家資格保持者があなたの骨盤の歪みや腰痛をマッサージで改善します!

 
ひなた整体院への電話はこちら
営業時間
月曜〜土曜 早朝8:30〜深夜22:00(最終は21:30〜)
定休日
日曜・祝日
アクセス
近鉄けいはんな線 新石切駅から
近鉄住道行きバス乗換 南日下 下車徒歩3分

院長ブログ

はじめまして。

ひなたマッサージ院の小島です。

慌ただしく1日は過ぎていきますが、私が毎日同じように感じることがあります。

それは出会う人、出会う出来事に「縁」を感じるということです。

私は現在37歳ですので、今日私が初めて会った人や出来事は私が37年間生きてきてようやく今日出会えてわけです。

それってものすごく素晴らしい出会いですよね。

そう考えると出会う人や出来事すべてに微笑みたくなるような親近感を抱きます。

昔に比べると人と人の付き合いが希薄になってきたと言われますが、そんなことはなく、ただ私たち自分自信がよそよそしくなっただけです。

今朝私達の家の前を通る人は何かの「縁」です。

今日私たちに起きることも何かの「縁」です。

是非、笑顔で「縁」を受け止めるところから始めてみましょう。

 

あなたが膝に痛みを抱えているとするならば、原因によって様々な病名が考えられます。

主要な病名を挙げるとするならば、

  1. 変形性膝関節症
  2. 関節リウマチ
  3. 前十字靭帯(ACL)損傷
  4. 後十字靭帯(PCL)損傷
  5. 内側側副靭帯損傷(MCL)損傷
  6. 外側側副靭帯(LCL)損傷
  7. 膝蓋軟骨軟化症
  8. 離断性骨軟骨炎
  9. 膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
  10. オスグット・シュラッター病
  11. 腸脛靭帯炎
  12. 鵞足炎

などが挙げられます。

当院では原因のはっきりわからない症状の方には、レントゲン等の画像で正確な診断をするために整形外科をご紹介しております。

それにより得た情報を元に施術を行なっていきますが、当院の施術のパターンは基本は同じ考え方になります。

それは、病名により負傷箇所、負傷の程度、リスクのある動き、などは違いますが、あなたが希望することはおそらく元のように動くようになることだと思います。

それに対しての当院の施術は極めてシンプルなのです。それは、

  • 膝の関節の可動域(曲げ伸ばしできる範囲)を広げる訓練
  • 負傷した部分への負担を減らすための筋力強化訓練
  • アライメント(実際に膝を含めた下肢全体の曲げ方・伸ばし方)のコントロール

という内容で行っています。

上記の3つの施術の内容に関しましては症状、個人差により誰ひとりとして同じ内容はなくそれぞれオーダーメイドの施術プログラムであなたに向き合います。

もし、あなたの症状について聞きたいことがありましたらお電話もしくはメールにてお問い合わせ下さい。

外反母趾とは、足の前部分の親指が外側(外反)に変形し親指の付け根は内側に変形する変形疾患です。

一般的には有痛性といわれてますが、無痛のまま症状が進むことも多く男性:女性比は1:10と言われ、圧倒的に女性に多い疾患です。

 

なぜ外反母趾になるのか?

先天的(生まれつき)な要因と後天的(生活習慣)な要因とに分かれます。

先天的な要因としましては、

  • 母趾が第二趾よりも長い
  • 足部の前方の関節(リスフラン関節)の内側への変形
  • 親指の付け根の裏側に付いている種子骨(内側と外側2つ存在)の内側が外側よりも小さい

といってことが挙げられます。

後天的(生活習慣)な要因としては

  • ハイヒールなどの足部の前部を狭く強制させる履物
  • 足の裏の筋肉の低下による足底アーチの落ち込み
  • 関節リウマチ

といったことが挙げられます。

 

外反母趾によるカラダへの影響は?

外反母趾とは、ただ単に母趾が外側に曲がってくるだけではありません。

足部の筋肉のバランスが崩れ機能が低下した状態なのです。

足部の機能とは大きく分けて2つあります。それは

  1. 全体重を支え、やわらかく衝撃吸収を行う
  2. 歩いたり足を蹴り出す時に固くして推進力を生み出す

という一見正反対の機能を両方持ち合わせており、この機能のおかげで私たち人間は2本足で立って効率良く動きまわることができるのです。

その時に足部の筋肉がしっかりとバランス良く支えてくれると私たちのカラダは必要以上に力を入れなくても立っていられますが、外反母趾などの足部の機能が低下した状態では衝撃吸収が上手く行えずに足首、膝、股関節、腰・・・と他の部分への負担が大きくなります。

そのため、膝の痛みや股関節、腰の痛みの隠れた原因であることが多いです。

 

当院での施術は?

当院では外反母趾で悩まれている方を始め、膝痛、腰痛で当院に来院された方で外反母趾が原因と考えられた時は外反母趾改善の施術を行っています。

主な施術内容としましては足部の緊張をとるマッサージ、外反母趾改善テーピング、エクササイズとなります。
外反母趾施術後、当院にて小冊子をお渡しいたしますのでそれに従い自宅でできるマッサージ、テーピング、エクササイズを併用していくと症状が早く改善していきます。

当院実績では若い方が約6ヶ月、年配の方で約1年ほどで正常範囲内への改善をしております(重度の変形、関節リウマチを除く)。

テーピングに関しましては当院でパッケージにて販売(片足1日分500円)しており指導もいたしますので自宅にて貼付していただけます。

毎日貼る必要はなく1日おきで充分効果が期待できます。

当院の骨盤矯正は非常に弱い力で矯正していきます。

 

骨盤矯正って痛い?

巷によくある「骨盤矯正」ってバキっとされて怖そうなイメージってありますよね。

実は骨盤って解剖的・機能的な知識があれば強い力でなくても充分動くものなんです。

そもそも、骨盤の動きが悪くなってるとするとなぜ悪くなったのか?

を考えずにバキっと戻しても、その場では治った気がしますが原因が改善していないと体は急いで元の形(悪い状態)に戻そうとします。

つまり本当は骨盤が悪いのではなくて、疲労からくる内臓へのストレスが増えすぎて体がストレスをデトックス(解毒)していく時に体は一時的に内蔵のためにゆがんだ姿勢をとるのですが、このゆがんだ姿勢を解除できないくらい慢性的なストレスが加わった結果、骨盤までゆがめてしまうからなのです。

 

本当はどうすれば良くなるの?

では話を戻しますが、疲労が蓄積して内臓へのストレスが増えすぎている状態で骨盤矯正をしても表面上だけで何も原因解決になっていません。

回復していく流れとしましてはまず、原因である体に蓄積した疲労を回復させてから、体の準備を見計らった上で骨盤矯正をするという流れになります。

当院ではそのような考えに基づいて、最初に内臓の疲労を回復させる手技を行ってから骨盤矯正を行っています。

ただし、骨盤は本来様々な体の傾きに連動して動きは小さいですが柔軟に動く部分です。

骨盤矯正を受けて体を改善していきたいと考えておられるのでしたら、できるだけ骨盤に負担のかかる動作(椅子に座って足を組む、ソファーに深くもたれる、横向きに寝転んでくつろぐ)ことは避けるように取り組むと早く改善していきます。

何か疑問に思うことがありましたら、お気軽にお電話くださいね。

 

1 3 4 5 6 7 8

▲トップへ