東大阪市の腰痛・座骨神経痛・ギックリ腰・股関節痛・産後骨盤矯正 専門整体院 【ひなた整体院】

東大阪市で女性信頼度NO.1!の国家資格保持者があなたの骨盤の歪みや腰痛をマッサージで改善します!

 
ひなた整体院への電話はこちら
営業時間
月曜〜土曜 早朝8:30〜深夜22:00(最終は21:30〜)
定休日
日曜・祝日
アクセス
近鉄けいはんな線 新石切駅から
近鉄住道行きバス乗換 南日下 下車徒歩3分

院長ブログ

こんにちは。小島です。

今日の大阪は天気も快晴でほどよく風も吹き過ごしやすい気候です。

さて私事なのですが、4月5日に最愛の父が逝去いたしました。

死因は「心筋梗塞」でした。

最近、年齢を問わず「心筋梗塞」で亡くなる方が多いです。

とてもショックを受けましたが皆さんへのアドバイスしたいと思います。

まず、「心筋梗塞」の原疾患としましては、高血圧、高脂血症、糖尿病、などにより動脈硬化が進んでいる状態、さらにタバコや過労や寝不足などのストレスも引き金になるようです。

私の父は普段から元気が取り柄で病院に行くこともなかったので、体がどういう状態になっていたかは実際わかりませんでした。

ただ言えるのが、定期的な検診を受けていれば状態は把握することもできたと思います。

父は自営業でした。

私も自営業ですが、自分から健診を受けなければ誰も診てくれませんよね。

だから、ぜひ父のような方を一人でも減らすために定期的な人間ドックなどを受けることをオススメします。

さて本日も頑張っていきましょう(*゚▽゚*)

 

はい!!ひなたマッサージ院の小島です。

先週の土曜日(3月29日)に東京にセミナーを受けに行きました。

内容はと言いますと、まず講師はインド人です。海外にいる大富豪にインド人がすごく多いのご存知ですか?

その大富豪達がもれなく使っているというインド独自の哲学を吸収しに行ってまいりました。

セミナーの始まりは9時10分に受付開始、10時開演でしたので新幹線は無理というか早起きが厳しい(>_<)というわけで、夜行バスで行ってまいりました。

出発は23時頃、JR大阪駅前から東京駅に向かう片道8時間の旅でした。

もちろんバスに乗り込んだら寝るだけです(笑)

今回のセミナーは超一流の方ばかりの中へ参加するので、靴は良いもので行こうとここ一番の革靴で行ったのが運の尽き…。

途中に2回トイレ休憩に行こうと脱いでいた靴を履こうとしたら何と入らないっ!?紐は緩んでいるのに足が靴に入りません。(>_<)

何と両方の足がパンパンにむくんでいるのです。

仕方なく無理やり押し込み、はちきれんばかりになった靴のままロボットのように歩いていきました(笑)

東京に着いてしばらく歩くとみるみる間にスリムな元の足に元通り~♪

良かったと思いましたが実は帰りも待っています…。

セミナー自体はものすごく楽しくてワクワクしながら家路へつきましたがまたまたバス乗車中、足がパンパンで今度は靴履けずトイレ断念!!

仕方ないので、バスについているトイレで間に合わせました。もちろん靴なしで(笑)

これっていわゆる「エコノミー症候群」ですね。身動きとれない狭い空間でしばらく過ごすと身体中の循環が極端に低下してしまい、最悪うっ血性の心不全や肺血栓などにつながる怖い病気です。

私は足がパンパンにむくんだだけで済みましたが次回からはやっぱり早起きして新幹線かな!?

みなさまもどうぞお気をつけくださいね。

 

今日は、椅子に座ったままできる簡単腰痛ストレッチをご紹介します。

長時間椅子に座っていると背中から腰にかけてがバリバリ硬くなってしまいます。

でもしんどいと思いながらも我慢するしかないですよね。

そして自分なりに腰を左右にひねって伸ばしたり…。

ってちょっと待ってください!!

その伸ばし方だとあまり腰は伸ばされないんですよ!!

しっかりと上半身を固定してからじゃないと、ひねったつもりが腕や肩甲骨ばっかり伸びるだけで終わってしまいます。

それでは1分で簡単!!座ったまま腰痛改善ストレッチです。どうぞ~~♬

まずは、解説から

 

そして、実技です。

 

こんにちは!

ひなた院長の小島です。

今日は大阪は1日雨のようです。

気候も良くなってきて外出もしやすくなった時に雨が降ると予定を変更したりする場合もありますよね。

なかなか思い通りに物事が進まないことにイライラする場合もあると思います。

私はというと、常日頃から雨が降ってきたらすることを頭の片隅に入れています。

なので雨が降れば「よしっ!!あれをするチャンスやな!!」と切り替えますので雨のストレスは全くありませんが、雨がなかなか降らない時は用事が溜まってきます(笑)

なので「雨が降った時の用事リスト」を作っておくのは良い方法だと思います。

後、外出できなくなった時こそ家でセルフコンディショニングのチャンスです♪

当院では様々な症状に合わせてのストレッチを来院された方に提案しています。

今回は、体を動かした時に起こる腰痛を動きのパターンに分けて簡単に行えるストレッチをお伝えします。一度お試しください。

(1)体を前に曲げるのが辛いパターン

 

(2)体を後ろに反るのが辛いパターン

 

(3)体を左右にひねるのが辛いパターン

O脚図世間ではO脚と言われていますが、実際には内反膝(膝と膝の間が開く)といわれる膝の状態になります。

元々、私たちは赤ん坊の時に立ち上がってから3歳頃までは内反膝になっていると言われています。

もしあなたの周りに赤ちゃんがいればよく観察してみると「O脚やん!!」ってビックリすると思います。

それが成長とともに3歳〜5歳までは今度逆転して外反膝(膝と膝の間がくっつく)になってきます。

さらにその後は少し元に戻ってバランスの良い足の形に落ち着いてきます。

特別な疾患がある場合を除いてあなたが悩んでいるO脚は実は見かけ上の場合がほとんどです。

つまり、あなたのO脚は見かけ上の問題なので解決することは難しくはありません。

では何故あなたのO脚は何をしても改善していかないのか?

それには、次の原因が考えられます。

  • 椅子に座った時に足を組むクセがある。
  • 正座した時に足をどちらかに流すお姉さん座りをしてしまう。
  • ハイヒールなどの足の裏の偏った部分で体を支えている
  • 運動不足による足裏の筋肉、ふくらはぎ、太ももの筋肉のバランスの崩れ

などの改善を行うとあなたのO脚はどんどん良くなっていきます。

ただ、短時間で良くなっていきたい時には当院で骨盤のバランス・膝の内側外側の筋肉のバランス・足首の使い方のバランスを整えていきますので1回目から変化を実感できます。

ただし、体の使い方自体を変えることが必要になりますので最初は継続して施術を受けることが必要になります。

体の使い方が変われば見かけ上のO脚はなくなりますので、あなたはこれから先悩む必要はありません。

もし、わからないことがあったり聞いてみたいことがあればいつでもお電話お待ちしています。

 

こんにちは(*゚▽゚*)

院長の小島です。

今年は特に気温が寒かったり暖かくなったりめまぐるしく変化しましたね。この影響で体調を崩されている方も多いと思います。

そして忘れてはならないのが気候ではなくこの時期毎年苦しむ方が多い「花粉症」ですね。一説には国民全体の45%の方が何らかのアレルギー性鼻炎と言われています。

原因は様々で、対処法もマチマチですが当院では発症前からの対処が肝心だと思います。

当院での花粉症の原因としてとは体のリンパの流れを重要視していまして、体のリンパの特に首筋から鎖骨にかけての滞りを流してあげて詰まらせないようにすると花粉症の発症自体をかなり抑えたり症状が軽く済むことが実証済みです。

当院の「ひなた式推動法」では血液、リンパの流れをスムーズに促しますのでシーズンの前に行っておくと症状を抑えることが期待できると思いますよ。

もし疑問に思ったり聞いてみたいことがあればお気軽にお電話くださいね。

小島

 

猫背というのはみなさんご存知のように疾患名ではありません。

しかし、猫背でお悩みの方は非常に多いです。

私たちは、立ち上がれるようになった赤ちゃんの頃から、自然とバランスの良い姿勢をとっていますので普段姿勢の悪さを自覚することはありません。

しかし、たまに鏡に映った姿勢や写真を撮った時の姿を見ると「こんな猫背なんや!!」とビックリすることがあります。

 

そもそも猫背ってどんな状態?

猫背ってどういう状態かは座った猫のように人間の背中が丸く内側へ反るようになる現象(※Wikipediaより抜粋)とあります。

でもこれを聞いただけだとものすごく大雑把なのでもう少し詳しく述べますと、人間は横から見た時にアルファベットの「S」のようにクネクネと規則正しく曲がっています。

一番上の頭のすぐ下にある首は前に弯曲し、次の背中は後ろに湾曲し、腰はまた前に湾曲しています。

猫背という状態は背中の部分が普通よりも後ろに弯曲する程度が強くなっていることを指します。

 

なぜ、後ろに弯曲が強くなるの?

これには様々な原因がありますが、先天性(生まれつき)と後天性(生活習慣)に分かれます。

今回は後天性(生活習慣)による猫背の原因について挙げますが、

  • アゴが前に出ている姿勢が多い(PCやデスクワーク)
  • 体の前で作業することが多い
  • 椅子に浅く腰掛けて背もたれにもたれる
  • やわらかいソファーに座る機会が多い.etc…

これに当てはまることがあると横から見たときの「S」が崩れて背中が丸まってしまいます。

そして背中が丸くなった結果次に起こってくるのが「腕の巻き込み」です。

 

腕の巻き込みって何?

背中が丸くなった結果、肩甲骨を背中側にとどめておく筋肉が働きにくくなりますので肩甲骨が外側に引っ張られていきます。

その結果肩にある腕の付け根が内側に捻られながら前に飛び出てきます。

この状態が「腕の巻き込み」と言います。

本来、肩に綺麗に腕が位置している時は腕の重みは背中全体で支えているのですが、「腕の巻き込み」が起こった状態では首から肩周りの筋肉だけで腕を支えなくてはいけなくなります。

しかも同時に頭も前方へ移動しているために頭の重み、腕の重みが首、肩に集中します。

これが頭痛・肩こりと言われている症状へとつながります。

 

どうしたら猫背は良くなるの?

最初に申し上げましたが、猫背は疾患名ではありません。なので治るという発想はなくて、姿勢が良くなることで様々な症状が楽になります。

当院では「ひなた式推動法」で背骨・肋骨を柔らかく動けるようにします。

さらに「腕の巻き込み」を改善することで、肩甲骨も本来の位置に戻り頭も本来の位置に戻ることで自然とアゴの引けた綺麗な姿勢を手に入れることが出来ます。

 

どのくらいで良くなるの?

人によって良い姿勢が身につくまでの期間は異なります。

当院で施術を受けた後、自宅に戻って当院でお渡しする冊子の中に記載しているストレッチ・エクササイズを定期的に行う習慣をつけていくと良い姿勢が身につきやすくなります。

良い姿勢を維持していくためには自分自身の努力も必要になってくるのです。

また当院へ定期的に通っていただくと姿勢チェックや最新のストレッチ・エクササイズもアドバイスします。

猫背のことや施術のことで聞いてみたいことがあればお気軽にお電話くださいね。

 

おはようございます。

大阪も昨日は雪がちらつくほど寒さがぶり返しました。

今年は特に寒さが厳しく感じます。寒さといえば「冷え性」でお困りになられている方って多いと思いますが、「冷え性」になる原因としましてはいくつか考えられます。

運動不足による手足の指先までへの血液の循環不全

  • 運動不足による筋肉量の減少に伴う熱量の不足
  • 偏食や過食の繰り返し
  • 体を冷やす食べものの摂り過ぎ
  • 体を温めすぎることによる温度調節機能の低下
  • 足の外反母趾などによる筋肉の偏り.etc…

などまだまだ原因は挙げられますが、今日は運動不足についてお話します。

私たちの体は全身筋肉で覆われていましてこの筋肉のおかげで色んな動きができたり体を支えてもくれます。

そして忘れてはいけないのが筋肉が熱を産み出すことにより体温を維持してくれるのです。

そしてその筋肉の6割強は下半身にあると言われています。

つまり運動することによって下半身の筋肉を刺激し鍛えていくと、筋肉量が増えることで熱を産みやすくなりさらに血液を心臓に戻す能力も上がります。

つまり手足の先までへの血液の循環がどんどん良くなりますので「冷え性」改善につながっていくのです。

女性は男性に比べると筋肉量が少ないですから「冷え性」って多いのでこれからは運動する習慣をつけて「冷え性」を克服していきましょうね。

ちなみに、私の家族は妻と子供3人です。明日は寝屋川市という場所で1.5kmの親子マラソンに出てきます。

7歳の娘と5歳の息子はそれぞれが手をつなぎ走りますが、2歳の息子は私がおんぶして走ります。(笑)

こうやって同じ運動するのでもワイワイ楽しくすると良いですね。(*゚▽゚*)

 

昨日は朝から「疲労回復整体」のセミナーに行ってきました。

「疲労回復整体」とはソフトな刺激を与えることで、脳脊髄液の循環を良くし、疲労回復に特化した手技になります。

初めて覚えることばかりでしたが、もう楽しくて楽しくてずっと顔が笑いっぱなしの一日でした(*゚▽゚*)

セミナー後の懇親会にも参加しましたがある意味セミナー以上にためになる話がいっぱい聞くことができました。

「疲労回復整体」を行っているインストラクターの先生方や、受講生ともに施術には熱く、そして優しい方ばかりなので、とても大好きな空間になりつつあります。

これからも多くの先生たちとの出会いに感謝しながら毎日楽しくみなさまと向き合ってまいります。

では本日も頑張りましょう!!

 

はじめまして。

ひなたマッサージ院の小島です。

慌ただしく1日は過ぎていきますが、私が毎日同じように感じることがあります。

それは出会う人、出会う出来事に「縁」を感じるということです。

私は現在37歳ですので、今日私が初めて会った人や出来事は私が37年間生きてきてようやく今日出会えてわけです。

それってものすごく素晴らしい出会いですよね。

そう考えると出会う人や出来事すべてに微笑みたくなるような親近感を抱きます。

昔に比べると人と人の付き合いが希薄になってきたと言われますが、そんなことはなく、ただ私たち自分自信がよそよそしくなっただけです。

今朝私達の家の前を通る人は何かの「縁」です。

今日私たちに起きることも何かの「縁」です。

是非、笑顔で「縁」を受け止めるところから始めてみましょう。

 

▲トップへ