東大阪市の腰痛・座骨神経痛・ギックリ腰・股関節痛・産後骨盤矯正 専門整体院 【ひなた整体院】

東大阪市で女性信頼度NO.1!の国家資格保持者があなたの骨盤の歪みや腰痛をマッサージで改善します!

 
ひなた整体院への電話はこちら
営業時間
月曜〜土曜 早朝8:30〜深夜22:00(最終は21:30〜)
定休日
日曜・祝日
アクセス
近鉄けいはんな線 新石切駅から
近鉄住道行きバス乗換 南日下 下車徒歩3分

院長ブログ

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には、不妊症と診断されて1年以上色々試すも結果が出ずに、6ヶ月以内に授かれる体に変わるためにみなさん通院されています。

 

さて、前回は活性酸素とは何ぞやという話をしました。

 

だいたい何となくでも理解していただけたかな!?って思います。

 

では、前回最後に登場した食べ物から抗酸化物質(スカベンジャー)を取り込むという話ですが、

 

スカベンジャーは掃除屋という意味で、大きく2つに分類できます。

 

一つはフラボノイド系(ポリフェノール、カテキン、ゴマリグナン、リコピン)

 

もう一つはビタミン系(βカロチン、ビタミンE、ビタミンC)

 

それぞれどんなものに含まれているかというと、

ポリフェノールは大豆やムラサキイモ、カカオやウーロン茶、赤ワインなど、

 

カテキンはお茶の苦味成分、ゴマリグナンはゴマに含まれていて、リコピンはトマトに含まれています。

 

βカロチンは緑黄色野菜(人参、ピーマン、モロヘイヤ)に多く含まれていて、

 

ビタミンEは魚介類、アーモンド、アボガドに多い、

 

ビタミンCは果物(イチゴ、キウイ、アセロラ)に多く含まれています。

 

スカベンジャーは性質により細胞内・膜、外と段階的に酸化を食い止めます。

 

脂溶性スカベンジャー(βカロチン、ビタミンE、ゴマリグナン)は細胞内の酸化を防止。

 

水油両性スカベンジャー(ポリフェノール)は細胞膜の酸化を防止。

 

水溶性スカベンジャー(ビタミンC、リコピン、カテキン)は細胞外の血液内や体液中の酸化を防止。

 

と、分担しています。

 

さらにすごいのが、お互いが連携しているので、例えば脂溶性であるビタミンEが細胞内で活性酸素を分解した時に出てくる、余分な電子を持たなくてはいけないのが、細胞膜越しに外にいるビタミンCに電子を渡して無害化するという離れ業までできます。

 

つまり、体内で出来る抗酸化酵素やスカベンジャーを増やすと活性酸素を上手く処理できるようになります。

 

抗酸化酵素を増やすには、材料となるセレン、銅、マンガン、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルを上手く取り入れるようにすること。

 

スカベンジャーを増やすには、食品を上手に取り込むこと。

 

これらを十分に取り入れることで、不妊の一つの原因になっている内臓の酸化を改善していけることになります。

 

ただし、この方法に頼ったとすると体が良い状態に変わっていくのは1年以上かかる場合があります。

 

私は世の中で1番大切なのは時間だと思っています。

 

もし、あなたが6ヶ月以内に授かれる体に楽しんで変わっていきたいならば、ぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/funinsyou.html

 

村長でした。合掌!!

それだ

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には、不妊症と診断されて1年以上色々試すも結果が出ずに、6ヶ月以内に授かれる体に変わるためにみなさん通院されています。

 

前回、不妊の原因は体、内臓の酸化が問題になりますよ。とお話しましたが、実際には不妊だけではなくて病気の80%は活性酸素による酸化が関与しているとさえ言われています。

 

では、この活性酸素は何もんだというところを今日はまずお伝えしていきます。

 

私たち地球上の生物は生きていく上で酸素を取り込みエネルギーとして使えるようになった反面、常に酸化=老化に向かっているというお話しは覚えていると思います。

 

この呼吸時に全体の1~3%程度は活性酸素へと変わってしまうので、これは避けようがありません。

 

激しい運動をすると呼吸の回数が一気に増えて、活性酸素の発生は助長されてしまいます。

 

標高の高い高地などで生活していれば反対に酸素が薄くなるので発生量は減少する傾向はあります。

 

ただし、発生した活性酸素全てがワルモノかというとそうではないです。

 

代表的な活性酸素は5種類、

 

スーパーオキサイドラジカルは最もポピュラーな活性酸素で強い酸化作用があります。

 

他に過酸化水素や一重項酸素、過酸化脂質(活性酸素により酸化した脂肪)があり、

 

最も強力でかつ凶悪な活性酸素であるハイドロキシラジカルがあります。

 

この中で、過酸化水素は次亜塩素酸を作り体内に侵入したウィルスや細菌を倒すために、必要な免疫物質を作ってくれるので、これはワルモノとは言えない存在です。

 

あとの4つはワルモノなんですが、私たちの体はこの活性酸素の攻撃を阻止するために、体内で抗酸化酵素を作り出しています。

 

代表的なものでSOD、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシダーゼがあります。

 

ただし、最も凶悪なハイドロキシラジカルに対してはSOD、カタラーゼは歯が立ちません。

 

グルタチオンペルオキシダーゼでハイドロキシラジカルの消去は可能ですが、ビタミンB2を使うので、慢性的に欠乏している場合は対処できません。

 

この場合には、次の手を取る必要があってそれはスカベンジャーという食品から摂取する抗酸化物質を積極的に取り入れます。

 

じゃあスカベンジャーにはどんなものがあるのか?

 

長くなってしまったので、これはまた次回お伝えしますね!!

 

まずは今日お話したことで活性酸素はどんなものなのか、少しイメージ出来たかなと思います。

 

もし、あなたが子どもが出来ずに悩んでいて、6ヶ月以内に楽しく妊活して授かりたいなら是非下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/funinsyou.html

 

村長でした。合掌!!

誰よりも自由に

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には、不妊症と診断されて1年以上色々試すも結果が出ずに、6ヶ月以内に授かれる体に変わるためにみなさん通院されています。

 

当院に来院される方は30代半ばまでの方が多いですが、30代後半の方も来院されています。

30代後半のみなさんの質問で特に多いのが、「まだ年齢的に大丈夫ですか?」と不安になっている場合があります。

 

私は「年齢的には全然大丈夫ですが、問題は体の酸化ですね。」

 

と、アドバイスするとみなさん「?」の顔をされます(笑)

 

私たち地球で生きている生物は全て呼吸をすることで生きています。

 

呼吸とは酸素を吸って二酸化炭素を吐くという作業のことですが、酸素を吸うと体が酸化します。

 

酸化=老化ですので、私たちは地球上で生きていくためには常に酸化して老化していくものなんです。

 

これは逃げることの出来ない定めですが、ただ、少しでも酸化を遅らせることはできます。

 

いわゆる抗酸化能力を高くするということです。

 

例えば、70歳代でもキレイな若々しい方もいれば、60歳代でかなり老いて見える方もいます。

 

このような違いが出てくるのも抗酸化能力に個人差があるからなんです。

 

もちろん見た目だけではなくて内臓をはじめ体の内側も同様です。

 

特に不妊で悩んでいる場合は生殖器、子宮、卵巣の抗酸化能力を高く維持する必要があります。

 

実は酸化を進めてしまう原因があって、

 

まずは食生活の悪化、これは食塩、白砂糖の摂り過ぎ、酒の摂り過ぎ、油脂の摂り過ぎ、食物繊維の不足、食品添加物の摂り過ぎ、水道水の汚染、と挙げだしたらいっぱい(笑)

 

さらに運動不足、過労やストレス、環境汚染などもめちゃめちゃ関係しています。

 

私たちの生活は高度経済成長によって健康と引き換えに便利を手に入れたのでした。

 

昔であれば、感染症や伝染病を中心とした急性疾患が中心の疾病構造でしたが、

 

現代はガンや脳血管障害、心臓病や動脈硬化症など、原因が日常の生活習慣に起因する慢性疾患を中心とした疾病構造へと変わってきたのです。

 

なので、不妊で悩んでいる方が授かれるように変わるには、体内の抗酸化物質を増やす食生活をすること、

 

もう一つは活性酸素の発生量を減らす生活をすることです。

 

当院に来院されている方は6ヶ月でスッキリ活性酸素を取り除くプログラムをご提供していますが、

 

自宅でもできる方法はありますので次回お伝えしていきますね。

 

もし、あなたが1年以上授かれなくて、6ヶ月以内に授かれる体に変わりたいなら是非下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/funinsyou.html

 

村長でした。合掌!!

それを聞きたかった

こんにちは!!

 

みなさんの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には、不妊症と診断されて1年以上色々試すも結果が出ずに、6ヶ月以内に授かれる体に変わるためにみなさん通院されています。

 

さて、前回お伝えした内容の中で四季に合わせて体は変化していますよ!!というお話をしましたが、

 

具体的には、じゃあ今の暑い夏の時期はどんな性質の体で、どういうことに気をつけるのかということをお伝えします。

 

と、その前に四季に合わせた体の変化をお話すると、春は新しいことを始めたり、少し運動する機会を増やして新しい刺激を入れる時期、夏は旺盛な時期ですので外で多いに活動して汗をかき新陳代謝を上げる時期、秋は夏に出しきった体を落ち着かせて精神的な安らかさを求めて紅葉や芸術にいそしむ時期、冬は自然が活動を休息して春に向かってエネルギーを蓄える時期になります。

 

今度は具体的に体はどうなるかと言うと、春は気温差が大きくなるので急性の症状が多くなります。特に肝臓と関係が深いので、体の右側(肩、腕、膝、足)が悪くなることが多いです。

 

夏はというと、暑さによる炎症が起こりやすく脳の左右のバランスが悪くなることが多くなります。汗をしっかりとかければ良いですが、あまりかけない状態が続くと下半身は冷えて上半身は熱がこもり冷えのぼせになります。

 

秋は夏にしっかりと出ていた水分が外に出なくなるので、体に水分がたまりやすく心臓に負担が増えて呼吸が浅くなったり、耳(側頭骨)が固くなったりします。

 

冬は寒さで体が緊張する傾向があるので、体力が低下して疲れやすくなる。風邪などの病気にかかる機会が増えるので、免疫力の低下があれば調子の悪い状態が続きやすい。

 

という感じでざっくりとですが、四季の体の変化をお伝えしました。

 

特にこれからの時期である夏を上手く乗り越えるながら、体温を上げて妊娠力をつけていくためには、冷たいものは極力避けて汗をかきながらご飯を食べる機会を増やしましょう。

 

そして、上の服は薄着で大丈夫なので、下はくるぶしまで隠れるパンツなどを上手く活用すると良いですね。

 

そうすれば、夏を越えて秋になる頃には体調も良くなりつつあると思います。

 

もし、あなたが子どもを授かりたくて、絶対に四季に合わせた体を手に入れたいなら是非下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/funinsyou.html

 

村長でした。合掌!!

320x212x81b39d113e6def42c2a263cc

こんにちは!!

 

みなさんの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には不妊症と診断されて1年以上色々試しても授かれなくて、6ヶ月以内に授かれる体に変わりたい方が通院されています。

 

子どもを授かりにくい原因は色々ありますが、ほぼ全員に関係する部分があります。

 

それが体温です。体温のことは様々な場所で言われているので聞いたことはあるんじゃないかと思いますが、意外に深刻に考えていない方が多いです。

 

普通、人間の体温は37℃前後が正常です。

 

大人で35.5℃、子どもで36℃近くの方は「低体温」を指します。

 

低体温は体が冷えてしまい免疫力も低下してしまうので風邪をひいたり他の病気にかかりやすくなります。

 

さらに、低体温=子宮、卵巣の温度も低下していますので、子どもを育てる条件に満たないことになります。

 

体は良くわかっていて、子どもを育てる条件が揃って初めて受け入れる体制になります。

 

なので、まずは体の細胞の新陳代謝が活発になり、免疫力も高く病気もほとんどせず健康で活動的な状態を手に入れるには体温を37℃に上げていく必要があります。

 

では、低体温の原因となっているのは何かと言いますと、冷たいものや甘いものの食べ過ぎ、季節外れの野菜や果物の摂り過ぎ、運動不足に加えてエアコンなどの空気を加工した環境での生活、ストレスなども考えられます。

 

いっぱい原因があって何をしたら良いのか迷われると思いますが、今すぐにできること、それはエアコンを使う時間を減らして汗をかく環境に慣らしていくことです。

 

例えば今日も暑いですよね。寝ている間はエアコン、起きてからも暑くて熱中症怖いからエアコン、車で移動中もエアコン、コンビニやスーパー入ってもエアコン、とエアコンに当たっていない時間ほとんどなくないですか?

 

みなさんご存じないと思いますが、実は私たちの体って、ちゃんと四季に合わせて体質が変化しているのです。

 

春・夏・秋・冬それぞれの季節に合わせた体に変わっているので、きちんと四季の環境を体に与えないと体調が崩れる原因になります。

 

四季の体については次回詳しくお話しますが、夏はたくさん外で活動して汗をしっかりとかいて、体の中に溜まっているものをどんどん外に出していく時期です。

 

これをしっかりと行えるだけで体の機能を正常に戻す力が増します。

 

そして体温を調整する能力も正常に近づいていきますので、この夏を使ってしっかりと体を変えていくことは可能です。

 

ただし、昔から運動が嫌いで普段もあまり汗をかけない色白で細身の方もいると思います。

 

この方は少し活動すると体の中に熱がこもってしまうけど外に出すことも苦手なので、しんどくなる場合があります。この場合は少しづつ行うようにして下さい。

 

そして、しっかりとミネラルが入った水分を補給するようにすると脱水や熱中症を防げます。

 

オススメは麦茶500mlのペットボトルに自然塩ひとつまみぐらい溶かして飲むと良いと思います。

 

もし、あなたが子どもが出来ないと悩んでいて汗をかけない体質ならば、ぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/funinsyou.html

 

村長でした。合掌!!

あなたと正面から向き合わせてください。

 

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために、

日本で初めての健康に特化した健康村を奈良県に作るために奮闘中の小島です。

 

当院には、夜中の間無意識に背中を掻きむしって布団が血まみれの方や、顔にアトピーが出ていておでこや顔を隠す髪型しかできなくて悩んでいるアトピーの方が来院されています。

 

当院には小さいお子さんは3歳くらいから来院していますが、生活環境でアドバイスする内容の中で虫歯があるかないか?を聞いたりしています。

 

でも、虫歯が多い少ないというよりは歯磨きやマウスウォッシュをしっかりしているかどうかが問題です。

 

歯磨きをしっかりしている子は歯磨き剤をいっぱい付けて磨いている子が多いのですが、この歯磨き剤が結構問題になっていたりします。

 

最近の歯磨き剤やマウスウォッシュは薬用成分が入ったりしていて口の中には良いイメージがありますが、実は添加物が多く含まれている合成洗剤なんです。

 

しかも口の中や、ノドなどは粘膜で覆われている場所なので、普通の皮膚と比べても何と13倍も吸収してしまうことがわかっています。

 

歯磨き剤やマウスウォッシュに含まれている添加物の中でPG(プロピレングリコール)は、着色料や保存料を体の中まで運び込んでしまう嬉しくない運搬能力があります。

 

さらに、歯磨き剤にはよくラウリル硫酸Naという化学物質が使われているのですが、これは合成界面活性剤の一種で副作用に細胞を死滅させる作用があります。

 

よく歯磨き剤やマウスウォッシュ直後に、ジュースや食べ物を食べると非常に不味く感じる経験って誰でも一度や二度あると思いますが、これって舌にある味を感じる味蕾細胞がラウリル硫酸Naで壊れた証拠なんです。

 

幸い、この細胞はすぐに再生するから味が不味くなるのは一時的ですが、何度も壊し続けるとどんどん味覚が鈍くなります。

 

しかも、びっくり仰天ですが、大人用の歯磨き剤よりも子供用の歯磨き剤の方が色や匂い味を良くするために大量に添加物を含んでいます。

 

私たちの体は肝臓の働きで毒物を体外へ排出する能力が備わっていますが、100%ではなくて1割ぐらいは体内に残ります。

 

これが体がちゃんと出来上がっていない小さな子供は大人よりも化学物質が残留してしまうのです。

 

体の中に毒素がたまり、外に出しにくくなっているアトピーのお子さんならば問題は更に深刻です。

 

歯磨きは大切なことですが、3分間歯磨き剤をつけずに優しくブラッシングするだけで十分です。

 

出来るだけ、体の中には毒素を入れないようにして、体の外に毒素を出せる体質に変えていくとアトピーは改善します。

 

もし、毎日歯磨き剤やマウスウォッシュでしっかり歯磨きしていて、アトピーで苦しんでいるならば、ぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/atopy.html

 

村長でした。合掌!!

どうやり通せるか

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために、

日本で初めての健康に特化した健康村を奈良県に作るために奮闘中の小島です。

 

当院には、夜中の間無意識に背中を掻きむしって布団が血まみれの方や、顔にアトピーが出ていておでこや顔を隠す髪型しかできなくて悩んでいるアトピーの方が来院されています。

 

先日来院された20歳の男性Kさんの話をしますが、3月から通院始めていて現在4ヶ月を過ぎた頃です。

 

最初はかなり顔も手も背中も足も皮膚が破れて、滲出液が出ていていかにも大変そうな状態でした。

 

昨日写真を撮るとめちゃめちゃキレイに回復していきました。職場が汗を大量にかく現場なのでこれからの時期が少し懸念はしていますが、今のキレイな状態が続けばまず大丈夫でしょう。

 

さて、このKさんなんですが最初のメンタルが、かなり良くない状態でした。

 

もちろん20年間アトピーに苦しめられていたということから、メンタルに影響するのは仕方のないことですが、とにかく自分のことが嫌いで嫌いで堪らないようでした。

 

「職場でも人前で肌を出して着替えれません…」というので、やっぱり人前は抵抗あるんだなと思って聞いていたら、自分が嫌なんじゃなくて周りの人が自分の体を見て不快に思わせてしまうのが申し訳ないと…

 

「そこまで考えてしまうんだ…」と少し、驚きましたがそれだけ根が深い問題なんだと感じました。

 

さて、自分のことが嫌いで堪らなかったKさんですが、最初3ヶ月間は毎週1回通院、現在は回復に向かってきているので2週間に1回、泉北にお住まいなので片道1時間30分かけて当院まで通院されています。

 

最近は楽しくて仕方のないようで、飛び跳ねながら足取りも軽く来院、施術中の会話も笑いが溢れメンタルも安定しています。

 

通院当初は休日も誰とも遊ばなくて、一人でゲームしているのが一番気を使わなくて楽なんです。と、言っていたKさんが明日友達らと海に泳ぎに行くと楽しそうに話してくれる顔を見て「もう大丈夫だな♫」と嬉しくなりました。

 

やはり、カラダとココロは密接につながっています。

 

よく楽しかったら笑うとか言いますが、実は笑うから楽しくなるんですよね♫

 

普通は、人間はまず感情が動かされてカラダへとの反応が生まれると言われますが、実はそうではなくてカラダの反応を起こしてから感情を整えていくという流れがアトピー改善には必要なプロセスです。

 

だから、カラダのゆがみがあることでアトピーになっている人は、ココロもゆがみが出ていて当然です。

 

カラダのゆがみを整えて、ココロも解放されてキレイな肌を手に入れたいあなたはぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/atopy.html

 

村長でした。合掌!!

344x436xc053af553e47336d5c42f80e

 

こんにちは!!

 

みなさんの健康な人生を応援するために

日本で初めての健康に特化した健康村を2020年に奈良県に創るために奮闘中の小島です。

 

当院には朝方に頭痛で目が覚めて、ため息から一日が始まる片頭痛の方達が来院されています。

ポケットにはロキソニンが入っていないと不安になるぐらい重症な方も多いです。

 

一番最初に良くなっていくにあたって大切なお話をするのですが、次回来るときは、みなさんほぼ忘れてしまうので毎回思い出してもらえるように伝えている内容があります。

 

それが「私(施術者)があなたの体を良くするのではなくて、あなたの体が良い状態に戻すんですよ。」

 

これは、みなさん最初ピンと来ないようですが口が酸っぱくなるくらいお伝えしています。

 

あなたの体のゆがみを整えるのが私の与えられた役目、ゆがみが整うことであなたの体を良い状態に回復するのがあなたの役目、と実はお互いの役目は違っていてどちらも必要です。

 

なので、私があなたとチームになるのはゴールに向けてのそれぞれの役目を果たすことが目的でチームになります。

 

これがわからない人は、施術した後で「まだここが痛いんですけど…」という言葉が出ます。

 

先日も片頭痛が続く人で、話を聞いているとスマホを見てゲームをしている時間が非常に長い人がいました。

 

施術後に「最初より良くなりましたが、まだここが痛いです…」と言われましたが、施術後の検査は問題なし、首の動く範囲もほぼ正常になっていたので「~さん、これで大丈夫ですよ。3日したらこの痛みも無くなります。ただし、スマホゲームは止めてください。」

 

と言って帰っていただいて、3日後LINEで確認すると良くなっていました。

 

何を言いたいかと言うと、体の痛みや不調は体からのメッセージなんです。

 

それを痛いから何とかして、まだ痛いから何とかしてと仮に痛みが0(ゼロ)になったとすると、またいっぱいゲームするに違いありません。そしてその影響で片頭痛に苦しむ環境から逃れることができません。

 

なので、施術後に残った症状を無くなるまで追うことを私はしません。

 

これは、あなたに自分の行動を戒める意味でも原因と向き合ってもらいたいからです。

 

あなたが、自分の体の声に耳を傾けることが出来れば体だって協力してくれます。

 

私はそんなあなたを健康になるまで応援していきます。

 

もし、あなたが毎朝頭痛で目が覚めてしまい、ため息から一日が始まるのが辛いと感じているのならばぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/henzutuu.html

 

村長でした。合掌!!

僕は真実を告げる

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために、

日本で初めての健康に特化した健康村を奈良県に作るために奮闘中の小島です。

 

当院には眼圧が高くて視野欠損している方や、視野欠損はしていないが医師に手術を勧められている方、眼圧は正常範囲内なのに視野欠損してきている緑内障の方が来院されます。

 

当院では緑内障に対しての施術に加えて、生活習慣のアドバイスも行っています。

これも良く質問されるのですが「緑内障ですが運動はした方が良いですか?」と聞かれることが多いです。

 

結論は「運動はした方が良い」です。なぜなら、私たちの体は70%が水分でその体液(血液、リンパ、細胞)の循環を促す効果のある運動は必須だからです。

 

しかし、私がオススメする運動は何でも良いわけではありません。

 

例えば、同じ運動でも10kmマラソンと30分散歩があるとします。どちらも同じ体を動かしていくことに変わりはないですが、どちらの方がより緑内障にとって良いと思いますか?

 

これは、私の答えは「30分散歩の方が緑内障には良い」と断言します。

 

なぜなら、10kmマラソンというのは、確かに心肺能力に負荷を与えて筋肉も強化されます。一見すると良いことばかりな気がしますが、実際は体へのダメージが相当あります。

 

緑内障があり、良くしていきたいと考えていてる人には回復するために色々努力しているのに、片方で別の部分にダメージを受けすぎてしまうとそこの修復にエネルギーを使ってしまいます。

 

なので、緑内障の人は大事な目の部分に支障が出ない程度の運動がベストです。

 

それにはオススメなのが30分のウォーキングです。

 

「家の中なら毎日歩いていますけどダメですか?」

 

それはダメです。なぜなら、ウォーキングとはただ単に歩くのではなくて自律神経を整えるために歩くからです。

 

なので、歩き方も前だけ見て一生懸命に歩くのではなく、空を見て「今日の空は気持ち良いな~」とか、道の脇の草花が咲いていてるのを見て「綺麗な花が咲いたね~♫」など、心を落ち着けながら周りの景色を楽しみ、良い刺激を目から入れていく作業が必要なのです。

 

私の持論として自律神経が乱れて症状が出るときに、必ず目、耳、鼻、口、肌への過剰なマイナスストレスを受けているはずなので、それをリセットしていくために生活習慣のアドバイスをします。

 

緑内障の場合は目からの過剰なマイナスストレスの軽減のために自分の嫌だと思っている物を見ないことと、自分の目にとって優しい物を見る習慣をつけていただきます。

 

そうすれば、徐々に症状が改善しますよ。

 

もし、あなたが毎日緑内障で悩んでいて空を見たり道端の花を見る余裕がなければ、ぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/ryokunaisyou.html

 

村長でした。合掌!!

外にも世界はあるんです

こんにちは!!

 

あなたの健康な人生を応援するために、

日本で初めての健康に特化した健康村を奈良県に作るために奮闘中の小島です。

 

当院には眼圧が高くて視野欠損している方や、視野欠損はしていないが医師に手術を勧められている方、眼圧は正常範囲内なのに視野欠損してきている緑内障の方が来院されます。

 

当院での緑内障の方に対して施術と生活環境の改善という2つの柱でご提供しています。

 

施術にも3つの柱がありまして、1つ目は体のゆがみ、頭のゆがみ、内臓のゆがみを整える整体、2つ目は体に悪さをしている活性酸素を効率よく取り除く水素を用いた水素灸、そして3つ目としてはテラサージがあります。

 

テラサージ…!?なんじゃそりゃ!!

 

と、初めて聞くのも無理はありません。

 

私自身、今年に入ってから初めて聞いたんです。

 

知り合いの先生を通して初めて聞いたこのテラサージなんですが、見た目は円形のビニールのチューブの中に液体が入っているという非常にシンプルなアイテムです。

 

首用、手首用、腰用、足首用とあり、他にも最近着脱できるタイプなども登場してきています。

 

これを自分用、家族用と試してみると非常に体の調子が良い感じ♫

 

これは素晴らしいので患者にも教えてあげようと、さっそく取り扱えるように手続きを済ませて

 

通院中の方に勧めていくと、使うようになった方たちから嬉しい声が続々聞かれるようになりました。

 

肩こりや腰痛が良くなるのはもちろん、冷え性だったのに足先が冷えなくなったとか、便秘気味だったのに快腸が続いているや、膝が痛かったのに軽く歩けるようになったなど嬉しい報告が続いています。

 

そして、何と当院へ1年間緑内障で通院していて少しづつ楽になってきている83歳女性も使用したところ、1ヶ月後の眼科の診察でトラバタンズ(降眼圧点眼薬)を今の状態では使わなくても良いとお墨付きをいただいたんです。

 

これには、2人で手を取り喜び合いました♫

 

それからですかね、以前にも増して緑内障への確かな手応えを感じだしたのは。

 

私の中ではこの身に付けるだけの健康法は今現在ほぼ反則技だな!?って思うぐらい重宝しています。

 

テラサージにつきましてはこれからどんどん情報をお伝えしていきますが、医療用器具ではございませんので効用、効果などは一切お伝えしませんし、問い合わせにもお答えできません。

 

※以後、当院でお伝えしていくテラサージの情報は使用者の体験に基づく個人の感想ですので成果や成功を保証するものではありません。

 

もし、あなたが緑内障で毎日不安な気持ちのままで途方に暮れているのでしたら、ぜひ下のページにお進みください。

http://hinata-jiritsu.com/ryokunaisyou.html

 

村長でした。合掌!!

俺は俺の決断を信じる

▲トップへ